読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Fast-Foward

日記やアングラ系記事を書きます

「リフレックス」を飲んでみた六日間の日記

ついに手を出してみた。
「抗うつ効果最強!」と呼び声の高い抗うつ薬
リフレックス」である。


2016/02/18
1日目

17日の夜に15mg錠一粒を飲む。
10分後くらいすると、すぐに強い眠気が襲ってきた。電気も消さず寝てしまい、8時間くらい眠ってしまった。その後、電気を消すも、まだ眠い。6時間は再び眠る。
起きると次の日の昼間だった。
この時の感覚がすごかった。
脳みそを根本から洗浄されてサッパリとした気分になっていた。
もちろん、起き抜けの眠気は、噂通り普通にあったが、脳みその今までのどす黒い疲れが、一気に洗い流され、真っ白とクリーンな気持ちになっていたのだ。
それは、小学生のときの感覚に似ていた。
というより、自然とそう思った。
小学生の頃は、自分もこんな綺麗な感覚で過ごしていたなと、自然とそうおもうのである。
そして、そんなことを感じていると、なんというか何かしよう!と強い意志が湧き上がってくる。
だが、しばらくして強烈な眠気を感じて、結局なにもできずじまいだった。
夜、15ミリ錠飲んで寝る。

2日目
起きる。13時間睡眠だった。眠い。すごく眠い。体の感覚が鈍くなっている。だがマイナス思考はなくなった。
夜、15ミリ錠飲んで寝る。

3日目
起きる。12時間睡眠だった。昨日より眠気はなくなったが、相変わらずの眠気である。俺には15ミリは強すぎるのかなと思ったので、今夜は半分にしようと思った。夜、7.5ミリ飲んで寝る

4日目
起きる。11時間睡眠くらいだった。起き抜けは眠かったが、体調はすこぶる良くなった。
やはり半錠くらいが丁度よかったのだろう。
夜、半錠をのむと、眠気はあまり起きなかったが、しばらく布団に入っていたら寝れた。

5日目
起きる。10時間睡眠だった。眠気はなくなった。そしてマイナス思考も消え失せていた。かなり効いている実感がわいた。
夜、半錠を飲んで寝る。

6日目
眠気はすっかりなくなり、睡眠時間は9時間までに減った。やる気もムラムラと沸き起こってきた。
ここでやっとリフレックスの力が実感できた。

以上、六日間の投薬日記でした。
リフレックスはすごいってことがわかりました。
僕はリフレックスが合うみたいです。
投薬前、考えが絶望感で満たされていましたが、
それもなくなり、前向きな気持ちに自然となっていました。リフレックスはすごいです。
以上!