読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Fast-Foward

日記やアングラ系記事を書きます

日記2016/02/11

俺は体力がない。

というより、なくなってしまった。

かねてからの引きこもり的習慣が、今もなお続いているせいだ。

しかしこのままでは流石にヤバいと、
二十歳になるかならないかくらいから感じていた。

このままの状態で、変化なく生きていくのは、いい加減もう限界だと思った。

それは、どこへ行くのか目的地がないまま、車を二十年間運転していたようなものだ。


その報いで、いつしか目の前は断崖絶壁。
このまま進めば投身自殺。
進路変更をしなくちゃ死は、まのがれない。

「だけど考えろ、ハンドルを自分の意志で操縦し、カーナビに目的地を登録すればいいだけのことではないのか」

「しかしそんな簡単なことひとつできないから、こんな状況になっているんじゃないか」

「じゃあ今こそやるときだ」

そんな問答が頭のなかで繰り広げられる。

「今更できるか?」

当然、そんな疑問が頭に浮かぶ。

「今までできなかったことが急にできるようになるなんて、常識的に考えてありえないでしょ」

「その通り。では君の運命は、残念だけれど死だね」

「死ぬしかないのでしょうか先生」

「そうだ、なんにも積み重ねて来ず、都合よく、これからものらりくらりと生きていけると、本気でお前はそう思うのか」

「確かにそうです。それは無理です。このままでは破綻し、死ぬ運命でしょう」



とまぁ、こんなことを去年ずっと考えていた。
だけど、捨てる神あれば拾う神ありとはよくいったもので、
世に見捨てられたと思い込んでいた俺は、あっさりと突破口を見つけた。
それが何かは都合があって言えないけれど、突破口を見つけたといえど
そんなに人生は簡単じゃない。

突破口を進むには体力が必要だということに最近気づいた。
突破口を見つけてから半年くらいかかってしまった。
つくづく俺は、何事においても気づくのが遅い。

そこで、俺は体力がないのでまずはスクワットをしている。
まだ数日しか続いてないけれど、
何もしてこなかったおれにとっては大きな成果だ。
あとはジョギングとかできたらいいなと思っている。

明日も絶対頑張ろう。
最後のチャンスをものにするために。